ドラクエまあまあ日常

ドラゴンクエストシリーズのプレイ日記。主にドラクエ10とドラクエ11について記事を書いています。

【転生モンスター狩り】めざましリングの合成にチャレンジ

チームクエストの課題が『「めざましリング」を4つ入手』ということで、チームメンバーと一緒にめざましリングの入手をがんばってきました。

めざましリングをドロップするモンスターといえば「サンダーフロッグ」ですが、レアドロップ枠な上にドロップの確率があまりにも低すぎるので、現実的ではありません(´Д`;)

かなり以前に、盗賊(フレ)、まもの使い(自分)で挑み、僕が「エモノ呼び」をしまくってフレに盗みまくってもらったり、お宝ハンターを使いまくってもらったりしたんですが、時間の割には得られた数が少なくて辟易した記憶があります。

そこで、今回はドロップ率の高い転生モンスターに絞りました。めざましリングをドロップする転生モンスターは「ゴールデンコーン」です。

f:id:dqxx:20150810040430j:plain

アルミラージの転生モンスターです。サンダーフロッグを倒すよりは、はるかにドロップする確率も高いだろう、ということで挑戦しました。場所は、プクランド大陸オルフェア地方東。ピィピのお宿近くの平原(?)です。オルッパ地下洞くつの近く、と言えば分かりやすいでしょうか。ここにはアルミラージの他に、どんぐりベビー、グレムリンバブルスライムが大量に湧いています。

この場所で、三手に分かれてゴールデンコーンの出現を狙いました。

転生モンスターを狩る効率の良い方法(分散狩り)

今回、三手に分かれて狩りを行ったのは、狩りそのものの効率と、転生モンスターとの遭遇確率を高めるためです。4人全員が一塊になってアルミラージ1匹ずつに当たっていては、あまりにも効率が悪いからです。

方法としては、

A.まもの使い(きせきの香水)、盗賊
B.まもの使い(きせきの香水)
C.まもの使い(きせきの香水)

の三手に分かれて、それぞれがアルミラージに当たっていきます。このうちの誰かがゴールデンコーンと遭遇した場合、他のプレイヤーに仲間チャットで遭遇したことを連絡。他のプレイヤーはゴールデンコーンと戦っているプレイヤーの戦闘フィールドに合流して、しばらく待ったあとに倒すのが一連の流れです。

「合流して、しばらく待ったあとに倒す」のはなぜ?

それは、「総戦闘時間の半分(50%)以上に参加したプレイヤーだけがドロップアイテムを手に入れることができる」という法則があるからです。
今回のゴールデンコーン狩りを例にすると……

  1. Aがゴールデンコーンと遭遇
  2. 1分後、BとCが戦闘フィールドに合流(Aはすでに遭遇から1分が経過)
  3. BとCが合流してから1分以上経ったあとにゴールデンコーンを撃破する
  4. A、B、Cそれぞれがドロップアイテムを獲得できる(BとCが合流してからゴールデンコーンを倒すまでが1分未満の場合、あとから合流したBとCにはドロップアイテム獲得の権利は発生しないので何も手に入らない)

ですので、Aは、自分がゴールデンコーンとの遭遇からBとCが合流するまでの時間を計算し、その時間から少し長めの時間を待ってゴールデンコーンを倒さないといけません。

この法則を知らないと、せっかく効率の良い手段であっても、遅れて戦闘に参加したプレイヤーはいつまで経ってもドロップアイテムを入手できない状態になってしまいます。もし、チームメンバーやフレンドさんと一緒にこの手段で転生モンスター狩り(レアドロップ狙い)をするのであれば、最初に転生モンスターと遭遇したプレイヤーは時間の管理もしてあげてくださいね。

というわけで、最終的には30分で10個のめざましリングを手に入れることができました。なお、ゴールデンコーンを倒すと「黄金一角獣ハンター」という称号がもらえます。

ドラゴンクエストX いにしえの竜の伝承 オンライン 公式ガイドブック 宝珠+魔塔+冒険の極意編 バージョン3.1[前期] (SE-MOOK)

めざましリングの合成にチャレンジ

めざましリングを入手したことにより、チームクエストは達成できました。しかし、本番はこれからです(笑)。早速、めざましリングの合成にチャレンジ!「はくあいの指輪」につづく理論値達成を目指します。

もともと持っていためざましリングに、今回手に入れた10個を合成していきます。最終的な合成結果がこちら。

f:id:dqxx:20150810045224j:plain

こんなもんかなー(´ω`)昨日の「忠誠のチョーカー」みたいな大事故にはならなくて済みましたけど。っていうか、これに比べたら、本当に忠誠のチョーカーの合成はひどいですね(笑)。

ここからが長い道のりですが、理論値目指してがんばっていきたいと思います(^▽^)