ドラクエ10 ドラクエまあまあ日常

ドラクエ10のプレイ日記。ライトでエンジョイ勢。ソロメインですが、まあまあなアストルティア人生を送っています。

幻のモンスター?ゴールドマンMAX

先日から、有名ドラクエ10ブログで「ゴールドマンMAX」なるモンスターが紹介されています。ゴールドマン・サックスと語呂が似ています。

blog.kyokugen.info

dq10z.blog.jp

事の発端は、あるプレイヤーが8月11日に、真のアラハギーロ地方でキングエレファント狩りを行っていたところ、『「災厄よりも大きい」サイズのゴールドマン=ゴールドマンMAXという敵に出会った』という内容を、冒険者の広場の冒険日誌で公開したことでした。倒すと100万ゴールドという、モンスタードロップとしては破格のゴールドを獲得できるそうです。

戦闘中にゴールドマンMAXを撮影した写真も同プレイヤーにより日誌で公開されており、こちらはプレイヤー限定で公開されていましたが、それを有名ブログが引用して取り上げたことにより、多くのプレイヤーが知ることとなりました。全職レベルカンスト&特訓カンスト+ストーリークリア+インしてもやることねえ的なプレイヤーの中には、ひまつぶしで存在の信憑性を確かめるべく、真のアラハギーロ地方で戦闘を繰り返している人もいるんじゃないかなーと思います。

f:id:dqxx:20150814151631p:plain

「災厄よりも大きい」ってことは、こいつよりも大きいってことですよね。ものすごい勢いで迫ってくるゴールドマンってことでしょうか。想像すると、なんだか笑えてきたりもしますが(笑)。

僕も以前、真のアラハギーロ地方でキングエレファント狩りをしていました。退魔セットをそろえるにあたり、どうしても「はくあいの指輪」を理論値にしたかったので、インするたびにキングエレファント狩りに出かけていたのですが、ゴールドマンMAXなんてモンスターには出会ったことがありません。ちなみに、サーバーは主に31、40、25などを渡り歩きますが、どのサーバーで狩りを行ってもゴールドマンMAXには出会いませんでした。ひょっとしたら、プレイヤーには内緒で開発側が仕掛けた、期間限定のお楽しみだったりして。

古い話ですが、ドラクエ4のときにも同じような話がありました。当時のファミ通でもチラッと紹介されていましたが、「うみなりのほこら」でしか登場しない限定モンスターの存在です。特定の場所と条件が重ならないと出現しないモンスターのため、偶然に遭遇したプレイヤー以外はその存在を確かめようにもなかなか確かめることができませんでしたし、遭遇したプレイヤーも、どうしてそのモンスターと遭遇できたのかが分からないという、なんだかモヤモヤした状態でした。
今ではネットが普及し、改めて検証された方がホームページや動画等でその存在を紹介しています。容量の都合で没モンスターとなったけれども、モンスターとしてのデータは残っていたため、限られた場所と条件によって出現するようになってしまったというのが真相ですが、そんなこと、当時小学生や中学生だった子どもたちには分かりませんよねえ(^-^;)


裏技 FC版ドラゴンクエスト4 没モンスター?と戦闘する - YouTube

今回のゴールドマンMAX騒動は、局所的な盛り上がり方ですし、ネタなんじゃねーの的に解釈されている方も大勢いらっしゃいます。1日17~18万人くらいのユーザーが同時接続している国内最大のオンラインゲームであるにも関わらず、あれから3日経った今も遭遇したという話は聞きませんし、残念ながら信憑性は著しく低いと思います。
しかし、もしまた別のプレイヤーが遭遇したとしたら、新しい目玉として盛り上がるかもしれませんね。真のアラハギーロ地方が、ゴールドマンMAX狙いのプレイヤーで溢れかえるかもしれません。次回のドラクエXTVでは、ひょっとしたらこの騒動について言及があるかも?


斉藤P 「ドラクエ10の同時接続数は17万くらい。」 - YouTube

ch.nicovideo.jp

まあ、もし嘘だとしても、ネタを提供したプレイヤーには目くじらを立てず、ちょっとした遊び心だったんだなーと笑ってやるのが、健全な楽しみ方だと思いますよ~(^-^)/
ひょっとしたらこういうことがきっかけで、登場モンスターとして本採用される可能性もあるかもしれません(笑)。

このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。

この動画は株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する著作物を利用しております。また、動画に使用されている楽曲は有限会社スギヤマ工房が権利を所有する著作物です。当該動画の転載・配布は禁止いたします。

(C)2012-2015 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.