読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドラクエ10 ドラクエまあまあ日常

ドラクエ10のプレイ日記。ライトでエンジョイ勢。ソロメインですが、まあまあなアストルティア人生を送っています。

【続】今、僕がほしい装備(防具編)

ちょうど先月あたりに、「今、僕はこの装備がほしいんです」という内容の記事を書きました。

dqxx.hatenablog.com

あれからバージョンアップを経て1か月くらい時間が経ちましたので、先月と比べてバザーの出品価格がどのようになっているのか、比較をしていきたいと思います。なお、比較をする価格については、最安値とさせていただきます。

騎神セット

バージョンアップ後も安定した強さを誇る戦士。キラークリムゾン戦やドン・モグーラ戦でその存在が注目されはじめたパラディン。この2つの職業が装備できる防具とあって、今でも需要は高く、価格もさほど下がっていないと思うのですが……。

バザー価格

アイテム名 錬金効果 8/17 9/28 差額
騎神のかぶと HP+21 1,890,000 1,849,580 ▲40,420
騎神のよろい上 攻呪21%減 1,595,000 1,750,000 155,000
(凱歌のよろい下) 眠りガード100%、マヒガード20% 1,837,999 2,150,000 312,001
騎神のガントレット MP消費しない15% 2,139,000 1,770,000 ▲369,000
騎神のグリーブ おもさ+45 2,000,000 1,799,600 ▲200,400
合計 9,464,999 9,319,180 ▲145,819

やはり、それほど下がってはいませんでしたね。下がり幅が大きいと思ったのは「騎神のガントレット」ですが、その分を「凱歌のよろい下」で相殺してしまっているので、何とも微妙なところです。
ただ、この錬金効果と価格はあくまで一例でして、あれからいろいろと考えた結果、錬金効果を見直し、もっと有効な錬金効果を付けたアイテムをそろえたほうが良いのではないか、と思っています。上記の組み合わせだと、即死は防がないし踊りも転びもくらいますし(笑)。錬金効果を見直すとなると、また金額も変わってきますので、どうにももどかしいところではあります。

大成功品にこだわりすぎなければ、あと数百万ゴールドは浮かせることができそうですね。

黄竜セット

前回の記事を書いた時点では購入意欲が高いセットのひとつだったんですが、今は優先順位が低いです。魔法使いと賢者のレベルをカンストさせて、踊り子と旅芸人を成長させている段階なので、はっきり言うと「黄竜セット」を買う予算があるのなら、「精霊王セット」か「舞い手セット」を買おうと思っているくらいです。

ただ、前回の記事で価格を出してしまっているので、一応比較をしてみたいと思います。

バザー価格

アイテム名 錬金効果 8/17 9/28 差額
黄竜のはちまき HP+21 1,348,800 1,523,980 175,180
黄竜のどうぎ ブレス30%減 1,419,899 1,449,990 30,091
(無法者のズボン) マヒガード100%、封印ガード60% 545,000 459,780 ▲85,220
黄竜のうでわ 会心率4.2% 1,549,990 1,638,000 88,010
黄竜のくつ 転びガード100%、踊らされガード100% 2,480,000 2,200,000 ▲280,000
合計 7,343,689 7,271,750 ▲71,939

黄竜セットも価格がまったく下がってないですね。むしろ、上がっているという捉え方ができそうです。ただ、今の自分にとってはあまり需要のないセットとなってしまったので、参考程度という感じですね。黄竜セットよりも舞い手セットのほうに興味津々です。

レイブンセット

前回の記事を書いていたときには、魔法戦士を成長させていたので、レイブンセットを装備して魔法戦士を使えるようにするぞ、と意気込んでいたんですが、魔法戦士の需要が限定的なことを知り、一気に意欲が落ちました。
キラーマジンガ戦、伝説の三悪魔戦、ドン・モグーラ戦では、フォースブレイクが決まるか決まらないかで大きく戦況が変わることから一定の需要はあるのですが、これら3つの相手と戦うにしたって、旅芸人や踊り子のほうが需要が高いので、そちらに力を注いだほうが良いんじゃないか、というのが今の僕の考え方です。ですので、レイブンを買おうとは思っていません。

ただ、こちらも一応比較をしてみたいと思います。

バザー価格

アイテム名 錬金効果 8/17 9/28 差額
レイブンヘッド HP+21 1,149,900 1,191,900 42,000
レイブンスーツ ブレス30%減 1,097,800 1,150,000 52,200
(マスタースラックス) 封印ガード100%、眠りガード40% 269,800 280,000 10,200
レイブングローブ 呪文発動速度18% 1,397,000 1,472,450 75,450
レイブンブーツ 転びガード100%、踊らされガード100% 2,076,400 2,080,000 3,600
合計 5,990,900 6,174,350 183,450

こちらは、総額が高くなる結果になりました。20万ゴールドくらい高いのかな。とはいえ、今の僕の中では購入に対する優先順位が非常に低いので、総額が高くなろうが低くなろうが、別にどうでも良いかなー…というのが現在の心境です。

結局のところ、この中で現在買おうと思っているのは「騎神セット」だけでして、黄竜もレイブンも後回しになりそうです。魔法使いと賢者で着回しできる「精霊王セット」、どのボス戦でも必ず1つは席がある旅芸人or踊り子で活用できる「舞い手セット」のほうに目が向いています。

今まで使ったことのない職業や、あまり注目をしていなかった職業を成長させていくと、その職業の得手不得手が分かってきますし、必要とされている場面や状況が分かってきます。僕がメイン職を戦士に戻したのも、戦士の需要の高さと特技の強さを改めて知ったからですし、旅芸人や踊り子に目が向いているのも、ボス戦での有効性が高い職業であることを、前回記事を書いた時点から今日に至るまでに知ったからです。
ゲームだけでなく、日常生活や人生においても、日々の価値観は変わっていくものですが、ドラクエ10に関して言えば、プレイ時間やスタイルによって、このように職業や装備に対する考え方が変わっていくので、画一的でない柔軟な面白さがあるのだなー、と改めて感じました。これもドラクエ10の魅力のひとつなのでしょうね。

総額が高くなっているセットもありますが、これについては「欲しいときに買う」を心掛けたほうが良いと改めて感じました。バージョンアップを控えていた時期でもありましたし、「もう少し待てば安くなるんじゃないか」というように考えていたことも事実ですが、こんな風に考えていては、いつまで経っても装備品は買えそうにないですよね(笑)。
欲しいときに必要な装備を買う。お金が足りなかったら、錬金失敗品なども考慮して予算内に収まるように買う。このほうが、トータルで考えると後悔が少ないように思います。それは、日常生活でものを買うときと同じことなのかもしれません。

今回は防具編でしたが、実は武器編もあります。今回のバージョンアップで、新しい武器が多数追加されました。狙っている武器もあります。それらを購入するためにも、武器と防具に対する出費のバランスをどう取っていけば良いのか……じっくり考えていきたいと思います。

番外編

参考までに、「舞い手セット」と「精霊王セット」の価格も記録しておきたいと思います。

舞い手セット(9月28日 3:00現在)

バザー価格

アイテム名 錬金効果 バザー出品価格
舞い手のヘアバンド HP+21 1,508,800
舞い手の服 即死ガード100%、回復魔力+15 2,349,800
舞い手のスボン マヒガード100%、封印ガード20% 1,721,460
舞い手のリスト 会心率4.2% 1,470,000
舞い手のくつ 転びガード100%、踊らされガード100% 2,180,000
合計 9,230,060

精霊王セット(9月28日 3:00現在)

バザー価格

アイテム名 錬金効果 バザー出品価格
(聖賢者のミトラ) 即死ガード100%、封印ガード20% 1,599,900
精霊王のクローク上 攻撃魔力+45 2,107,900
精霊王のクローク下 眠りガード100%、マヒガード40% 1,677,700
精霊王のグローブ 呪文発動速度18.0% 1,689,400
精霊王の脚帯 転びガード100%、踊らされガード100% 2,399,000
合計 9,473,900

まだまだ、購入には程遠い感じがしますね……。お金をもっと貯めないとなー。

このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。

この動画は株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する著作物を利用しております。また、動画に使用されている楽曲は有限会社スギヤマ工房が権利を所有する著作物です。当該動画の転載・配布は禁止いたします。

(C)2012-2015 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.