ドラクエ10 ドラクエまあまあ日常

ドラクエ10のプレイ日記。ライトでエンジョイ勢。ソロメインですが、まあまあなアストルティア人生を送っています。

【達人クエスト】激闘!魔法使い4人でバズズを撃破【道具使用禁止】

今週の達人クエスト、皆さんはクリアしたでしょうか?報酬5つのお題では魔法使いがフィーチャーされており、魔法使い4人で道具の使用を禁止した課題が課せられています。

この「魔法使い4人」という構成がなかなかの曲者です。魔法使いという職業は、火力は高いけれども守備力が低くて死にやすい職業です。そして、死にやすい職業の構成が条件にも関わらず、世界樹の葉がつかえないという何とも厳しい課題だったりします。

ノリと勢いだけでお誘いに乗りました

今日一緒に遊んだフレさんたちと、「バズズカードの消化ついでに達人クエストをクリアしようぜ」という話になって、ノリと勢いだけで参加しました。正直、魔法使いはサブですらない、ほとんど使わない職業なので、無条件のボス戦ですら立ち回りがぜんぜん分かりません。もう本当、ノリと勢いだけで挑んだようなものでした。

魔法使いにまったく詳しくない自分が考えたことと言えば、

  • 死んだ場合どうするか→復活の杖があるじゃないか
  • HPを減らされたときどうする?→祝福の杖があるじゃないか

このレベルでした。しかし、これ以前にもっと重大なリスクがありまして、それは「両手杖スキル」と「まほうスキル」を切ってしまっていたことでした。
ここ最近はスーパースターやらレンジャーやらで試練の門に参加していたので、以前は150まで振っていた「両手杖」を0に、「まほう」もパッシブ取得までしか振っておらず、魔法使いとしては役に立たないレベルまでスキルを落としていたのです。さっき自分が考えていた初歩的なことですら行動できない、プレイヤースキルも職業スキルも貧弱な、まさに無駄な魔法使いとして参加せざるを得ないことになりました(それでも参加を許してくれたフレたちに感謝!)。

念のため、僕の状況を記録しておきますと、

  • 両手杖スキル21(マスタースキル)
  • ムチスキル150
  • 短剣スキル150
  • 盾スキル150
  • まほうスキル82

魔法使いという職業に似合わない、武闘派の魔法使いです。本当役に立たない。

実際に戦ってみて

というわけで、非常に申し訳ないと気持ちを抱きながら戦うことになりました。他のフレさん3人は、みんな両手杖スキルもまほうスキルも150まで振ってあるみたいで、戦いの中では復活の杖や祝福の杖をつかいながら、苦しくも上手く立ち回っていましたが、僕はと言えば、短剣くらいしかまともにダメージを与えられないので、一生懸命ヴァイパーファングでダメージを与えていました。
バズズは毒が入りにくいので、ヴァイパーファングの技巧Lv.5の宝珠を持っていてもなかなか毒が入りません。ただ、何度も何度もヴァイパーファングを喰らわせたところ、ようやく猛毒が入り、タナトスハントを決めることができました。与えたダメージは550くらいを記録したので、役立たずの魔法使いでもまあまあのダメージが与えられることが分かりました。

そんな戦い方をしていたら、いつの間にか僕以外が全員死んで、役立たずの僕だけが残りました。これはもう全滅以外考えられない状況でしたから、状態異常についていろいろ試そうとムチに持ち替え、スパークショットやしばり打ちを試みましたが、幻惑も縛りも一向に効果がなく、あえなく全滅となってしまいました。

この状況を打破するため、少し作戦を練りました。

  • バズズには状態異常攻撃が効きにくく、無効化するものも多数があるが、「攻撃力低下」と「笑い」は効果が高いので、ヘナトスで攻撃力を下げつつボケを適度に入れる
  • バギムーチョイオグランデザラキーマが怖いのでマホカンタを切らさない
  • 輝く息と魔法対策をきちんとする(心頭滅却、魔結界、スペルガードなど)
  • ビッグシールドやファランクスで生存率を高める(盾を持っている僕だけ)

といった感じでした。
僕も両手杖スキルに21だけスキルポイントを割り振りましたので、「早詠みの杖」くらいは使うことができますから、とにかくマホカンタヘナトスを切らさないことを頭に入れて戦いに臨みました。

攻略方法として

基本的な立ち回りとして重要なのは、タゲ下がりと壁更新です。常時2人が壁になってバズズの進行を抑え、バズズの攻撃ターゲットになっている後方の魔法使いがメラゾーマなどの魔法でバズズのHPを削ります。バトマスや戦士がいませんから、大量にHPを削ることはできません。死なないことに気をつけながら、じわじわとHPを削っていく感じです。地道な作業です。

壁になっている2人は、ヘナトスやボケでバズズの攻撃や行動を弱めたり、心頭滅却や魔結界、ビッグシールド、ファランクスで守りを固めます。ヘナトスの効果は素晴らしく、呪文を唱えてもミスすることはありませんでした。ボケもよく効くので、足止めには良い方法だと思いました。常時2人が壁になると思いますから、余裕があれば、片方が「ボケ」をつかい、もう片方がボケたプレイヤー(タライが落ちてからポーズを決めるまで)に「ツッコミ」を使えば、笑わせる効果が2回発動するので、さらに効果的だと思います。

壁になっている2人のうち、どちらかが短剣でヴァイパーファングを入れても良いかもしれません。今回のケースでは、僕が短剣とムチを持っており、短剣の宝珠をすべてそろえていたので、攻撃手段として短剣の特技を選んで攻撃をしていたのですが、ヴァイパーファングで250くらい、ナイトメアファングで350くらいのダメージを与えていたので、攻撃呪文に自信がない場合は、物理特技をつかってもまあまあのダメージを与えることができると思います。ヴァイパーファングが入って猛毒になれば、タナトスハントで効果的にダメージを与えることができますので、一気に撃破の可能性が高くなります。
なお、ムチの特技(双竜打ち、極竜打ち)のダメージは調べておりません。短剣の特技をつかうことばかり考えていたので、使用を疎かにしていました。多分、ムチの特技をつかったほうが、より多くのダメージを与えることができるんじゃないかなーという気がします。

攻撃手段の可能性としてですが、「悪魔ばらいの極意」の宝珠を持っていれば、壁になったときに「悪魔ばらい」で攻撃をしても良いかも、なんて思いました*1

まとめ

全員現役バリバリの魔法使いではなくとも、各人がそれぞれやるべきことをやっていれば、クリアできない課題ではありません。現に、両手杖スキルも無ければ、魔力覚醒もつかえずまともな魔法すらつかえない状態の、役立たずな魔法使いが1人いたとしても、一丸となれば勝てるのですから。

ただ、スリープダガーが効くということを考えると、ラズバーンと戦うほうがまだ楽なのかなあ。今週の達人クエスト、熱戦を制した達成感を味わいたかったら、バズズとの対戦を強くオススメしますよおおおお!

f:id:dqxx:20151125203405j:plain

*1:攻撃力依存の特技なので、どこまで効果があるのか分かりませんが。

このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。

この動画は株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する著作物を利用しております。また、動画に使用されている楽曲は有限会社スギヤマ工房が権利を所有する著作物です。当該動画の転載・配布は禁止いたします。

(C)2012-2015 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.