ドラクエ10 ドラクエまあまあ日常

ドラクエ10のプレイ日記。ライトでエンジョイ勢。ソロメインですが、まあまあなアストルティア人生を送っています。

死闘!バラモス強の攻略でガチ勢に振り回される?

バラモス強のカードがあと89時間でしたので、チームメンバーにお願いして一緒に戦ってきました。

僕以外、4000時間以上(リーダーは6000時間)プレイしている猛者ですが、なんとバラモス強と戦うのは初めてだそうです。ちなみに、僕のプレイ時間は1000時間です。
まあ確かに、バラモス強よりも並のほうがカードやらコインやらを入手できる機会は多いですから、わざわざバラモス強に挑んでバラモス兄弟と死闘を繰り広げずとも、カジノの交換屋でバラモス並に交換して「パラ・魔・魔・僧」で挑めば安定して勝てますし、大体そこで「魔王のネックレス」の破片も手に入るわけですから、無理して戦う必要はないわけです。

まあ、そんなわけでスルーされてきたバラモス強ですが、交換屋へ行くのも面倒だったので、そのまま乗りこむことにしました。構成をどうしよう、というところから話し合ったのですが、ネット上で検索していたら次のようなブログを見つけました。

blog.kyokugen.info
f:id:dqxx:20151128044316j:plain

なるほど、「踊・踊・旅・僧」なら四諸侯と同じだし、旅芸人は僕のメイン職のひとつだし、何よりあの極限のおてうさんが提唱している構成なのだから、これなら行けそうだとリーダーに提案してみたところ、リーダーが「それで行きましょう」と承諾。ただ、ここでリーダーが何かを感じ取ったのか、「踊をひとり減らして、替わりに戦士を入れましょう」と若干のアレンジを指示。リーダーは非常に頭の切れる方なので、きっとこの構成を見たときに“何か”を感じとったのでしょう…。

というわけで、「戦・踊・旅・僧」で行くことになりました。僕は旅芸人でした。
戦術は上記ブログのとおりで、

  • 踊り子はヴァイパーファングでバラモス強に毒を入れてタナトスハント連発
  • 旅芸人は開幕ビート→バラモスブロス強に花ふぶきを入れる→花ふぶき更新

これを軸にしてダメージを与えていくことにしました。

実際にやってみて感じたこと

ブロス強に花ふぶきが入らねえぞ、おてう!!!

開幕花ふぶきは旅芸人がやるんじゃなくて、短剣150スキルの踊り子がやったほうがいいですね。ヴァイパーファングの役割を、踊り子と旅芸人が交替すればいいと思います。
僕は「花ふぶきの技巧」の宝珠を持っていて、レベルも最大まで上げて臨みましたが、3回ミスしてめちゃくちゃ焦りました。途中でネクロゴンドの波動もくるし、とにかく必死でした。

バラモス強は、踊り子のヴァイパーが決まってタナトスで順調にダメージを与えていました。戦士が真・やいばくだきを入れていたので、大したダメージも喰らわず、安定した戦いぶりを見せていました。やはりリーダーの勘は鋭かった。6000時間のプレイ時間は伊達じゃないですね。

ブロス強については、何とか幻惑が入ってくれたので、「はらわたをえぐる」もさほど怖くはなく、バラモス強を倒したあとにゆっくり料理しました。少し時間はかかりましたが安定して撃破することができました。チームメンバーのみなさん、ありがとうございました。

報酬は、魔王のネックレスの破片5個でした…。これだったら、バラモス並を何周かしたほうが間違いなく楽ですね。たまの刺激には良いかもしれません。あと、おてうのようなガチ勢の言うことを鵜呑みにしちゃいけない、と深く反省しました。まあまあなアストルティア人生を送りながら、永遠のエンジョイ勢でいつづけたいと思います。

このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。

この動画は株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する著作物を利用しております。また、動画に使用されている楽曲は有限会社スギヤマ工房が権利を所有する著作物です。当該動画の転載・配布は禁止いたします。

(C)2012-2015 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.