読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドラクエ10 ドラクエまあまあ日常

ドラクエ10のプレイ日記。ライトでエンジョイ勢。ソロメインですが、まあまあなアストルティア人生を送っています。

【転生モンスター狩り】理性のリングの理論値を目指して(1)

先日、ドン・モグーラと初めて戦った際に、混乱耐性の重要性を再認識しました。

dqxx.hatenablog.com

まだ現物すら手に入れていない「大地の大竜玉」ですので、ドン・モグーラとはこれからも戦う機会が多いと思います。そこで、せめて理性のリングだけでも理論値にしておいたほうが良いと思い、理性のリングをドロップする転生モンスターを狩ることにしました。

職構成ですが、「まもの・盗(サポ)・盗(サポ)・僧」で行きました。盗賊は、2人とも「お宝ハンターの閃き」を持っていてレアドロあり。2人のうち1人はきようさ600↑でした。まものの武器は、普段は斧を使っていますが、今回は効率のことも考えてムチにしました。

アルケミストン狩り

理性のリングをドロップする転生モンスターは2種類います。そのうちの1体が「アルケミストン」です。

f:id:dqxx:20151201032211j:plain

これは転生元の「マジカルハット」です。どうぐ使いで仲間にすることができますので、もう皆さんにとってはお馴染みのモンスターですよね。

マジカルハットが出現する場所は「ポポラパの洞くつ」「ウルベア地下遺跡」「カミハルムイ領南」の3か所があるのですが、今回は「カミハルムイ領南」を選びました。王都カミハルムイ南から出てナギリ洞へ向かう途中に、マジカルハットが大量に生息している場所があります。倒してもすぐに湧いてくるので、転生モンスター狩りにはもってこいの場所です(カミハルムイ領南 F-3あたり)。

f:id:dqxx:20151201032551j:plain

f:id:dqxx:20151201032605j:plain

こんな感じで大量に湧いています。倒しても倒しても、すぐに空から降ってくるので安心です。

きせきのプチ香水をつかって、さっそく見つけ次第ぶつかっていきます。他の攻略ブログなんかだと、結構な確率で出現するようなことが書かれていましたが、どんなぶつかっても一向に出現しません。15分で一回くらいは出会えるかな、と思っても出会えず、時間ばかりがどんどん過ぎていって焦ります。そうこうしているうちに25分が過ぎて、「もうダメか」と思いはじめた矢先に、ついに登場しました!

f:id:dqxx:20151201221457j:plain

f:id:dqxx:20151201033124j:plain

下の画像は「のろいの霧」で攻撃をしているところです。転生モンスターとはいえ、あまり強いモンスターでもないので、さほど苦戦しないかとは思います。盗賊は、おそらく「いろいろやろうぜ」にしてあると思いますから、火力重視の攻撃はしないでしょうけれども、万が一逃げ出したりすることがあると悲しすぎるので、念のため「しばり打ち」でマヒさせておくというのも有効だと思います。マヒに耐性はないので、おそらく一発で成功すると思います。

f:id:dqxx:20151201033657j:plain

討伐モンスターリストにはこのように記録されます。なお、マジカルハットの本体は被っている帽子なのですが、アルケミストンの本体は赤いブタのほうでして、帽子はアルケミストンが最初に錬金してつくったものであり、テカテカ具合がお気に入りとのこと。

アルケミストンの出現の目安は、「大体30分に1体」といった感じでしょうか。ただ、別日にもう一度アルケミストン狩りを行ったところ、「30分で7体」遭遇することができました。やはり、転生モンスターは出現ペースにバラつきがありますね。きせきのプチ香水をいくつか持って行っても良し、きせきの香水をつかって1時間粘ってみるも良し。ひょっとしたら、後者のほうが出会える数は多いかもしれません。僕も、今度はきせきの香水をつかって1時間粘ってみたいと思います。

ドロップアイテムについては、理性のリングの他に「光の宝珠=いやしの雨の瞬き」をドロップします。これは賢者専用特技の宝珠ですので、賢者にこだわりが無ければスルーで良いと思います。また、「マジカルハットの書」もドロップすることがあるので、宝珠と一緒に手に入れていくと、すぐにアイテム欄がいっぱいになる可能性があります。アイテム欄には、あらかじめ余裕をもたせた上で狩りに臨みましょう。

f:id:dqxx:20151201221531j:plain

今回のように優秀な盗賊が2人いれば、理性のリングを複数入手できる確率が高くなります。運がいいと、一度の戦闘でこんなにたくさんもらえることも…。

戦闘ですが、マジカルハットには「みのがす」が効くのですが、「みのがす」よりも「地ばしり打ち」をつかうことをオススメします。なぜなら、「みのがす」よりもモーションが早いですし、たまにマジカルハットが2体出たり、お供にピンクモーモンが出てきたりすることがあるので、その場合まとめて片付けることもできるからです。さらには、「勝ちどきMP回復」の宝珠を付けておくことで、地ばしり打ちで倒したときにMPが回復するのでMPの節約にもなります。

というわけで、アルケミストンの出現率については結構厳しいですが、割とサクサク倒すことができるので、分散して転生モンスター狩りを狙う場合でも、このカミハルムイ領南はオススメの場所と言えるでしょう。ぜひお試しください。

まだまだ合成するには心細い数ですから、次は理性のリングをドロップする別の転生モンスターを狩りにいきたいと思います。

dqxx.hatenablog.com

このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。

この動画は株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する著作物を利用しております。また、動画に使用されている楽曲は有限会社スギヤマ工房が権利を所有する著作物です。当該動画の転載・配布は禁止いたします。

(C)2012-2015 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.