ドラクエまあまあ日常

ドラゴンクエストシリーズのプレイ日記。主にドラクエ10とドラクエ11について記事を書いています。

サポとホイミスライムでピラミッドの霊廟7、8、9層に挑戦してみましたよぉ~

先日、ホイミスライム育成のヒントを探しに攻略ブログを巡回していると、「サポとホイミスライムでピラミッドの霊廟7、8、9が簡単にクリアできますよ」的な内容のブログを発見しました。

dq10ragu.com

霊廟7、8、9といえば、コンピューターが操るサポはおろか、フレさんたちとパーティーを組んでも、なかなか攻略が厳しい場所です。一度、チームリーダーたちと一緒に霊廟8を攻略しようと「魔・賢・僧・ドラキー」で臨んだことがありましたが攻略できませんでした。あまりに絶望的な敗退から、それからというものピラミッドの7、8、9を仲間モンスターを入れて攻略することは、自分の中では不可能だと思っているほどなんですね。

だから、こういう攻略情報はすぐに鵜呑みにはしていません。それどころか、「またガチ勢が自分のものさしだけで好き勝手に攻略ブログを書いて、自己満足に浸ってるんじゃねえの?」と思い警戒すらしています。しかしながら、ほぼソロでプレイしているエンジョイ勢の自分としては、ピラミッドは毎週霊廟6までしかクリアしておらず、そろそろ自分ひとりで霊廟9までクリアできるようにしておかないといけないな、と常々考えていました。

そこで、この攻略ブログをもとに、検証も兼ねてサポと仲間モンスター・ホイミスライムでピラミッドの霊廟7、8、9に挑戦してみたいと思います。なお、僕は一応霊廟9までのクリア経験があり、すべての職業レベルは90に達しています。

仲間モンスターの装備やスキルなど

f:id:dqxx:20160207121529j:plain

装備はこんな感じです。退魔セットで固めています。「まんげつリング」を装備しているのは、退魔の装束下にマヒガード+60%がついているためです。これでマヒも完全ガードです。絆のエンブレムなんて装備していません。

f:id:dqxx:20151207192316j:plain

スキルはこんな感じです。これは、ぶっちゃけ攻略ブログの振り分けをそのままパクリました。攻略ブログでも書かれていますが、やはり「聖なる祈り」を覚えるのが大きいですね。呪文の回復量が大幅に上がるので、完全に僧侶の席を埋めることができます。そして、何気に嬉しい「いやしの雨」。後々考えると、このいやしの雨と補助魔法が、パーティーを死ににくくしてくれたんだと思います。

攻略に向けた構成

  • 戦士(自分/Lv90・オノスキル150・ゆうかんスキル150・蒼天魔斬の極意、真オノむそうの極意、真やいばくだきの技巧&極意)
  • バトマス(サポ/Lv90・天下無双の極意、ランドインパクトの極意、他)
  • 僧侶(サポ/Lv90・各種耐性、他)
  • ホイミスライム

攻略ブログでは、自分が僧侶でサポに戦士という構成ですが、自分が戦士になったほうがいろいろ立ち回りも楽かと思い、自分が戦士になって、頼れるバトマスと僧侶をサポとして雇い入れました。高い能力のキャラクターを預けてくださるフレさんに感謝です。

霊廟7

f:id:dqxx:20151207193053j:plain

特に苦戦することもなく、ファラオ・ヘッド&両手との対戦にまでこぎつけることができました。ただ、倒すのは正直時間がかかりました。サンドブレスで目に砂が入ってもマヌーハはかけてくれないし、ファラオ・ヘッドのランドインパクトで行動が中断されてしまうので、攻撃が当たらずモタモタした戦闘でした。こういうとき、魔法使いのありがたさが分かりますね。しかし、誰かが死んだとか、自分以外が死んで窮地に陥るとか、そんなことはまったくなく、むしろ安定して倒すことができたと思います。モンスターとはいえ、有効なスキルを持った回復役がもう一人いるというのは、本当に安心感がありますね。

あと、やっぱりホイミスライムバイキルトはありがたいです。「いのちをだいじに」だとつかってくれないので、バイキルトがほしいときにはいちいち作戦を「バッチリがんばれ」に変更しないといけないのですが、その手間さえ我慢すれば、本当に大きな戦力になってくれます。戦士の場合、バイキルトがあるのとないのとでは火力に大きな違いが出てくるので、ホイミスライムバイキルトは本当に重要です。

霊廟8

f:id:dqxx:20151207193823j:plain

突然難易度が跳ね上がる霊廟8です。霊廟8を後回しにして、霊廟9から攻略する人もいるくらいです。ファラオ・ニビスとファラオ・ヘルマのファラオ夫婦が凶悪なのですが、途中に出てくる雑魚も酷くて、下手をすると「秘宝の魔象兵の『猛毒の霧』で知らない間に全滅していた」なんてこともあります。とにかく、ここの霊廟は雑魚もボスも最悪なので、ブローチ確定が霊廟8だと分かると、僕のようなエンジョイ勢は週の最初から諦めムードが漂います。

今回のこの構成ではどうだったか。結論から言うと一発でクリアできました。ファラオ夫婦との戦いで何度か死にましたが、立て直すのも早く、戦況も安定していました。バイキルトの攻撃力上昇も嬉しいんですが、僧侶が回復しているときにはホイミスライムスクルトを、ホイミスライムが回復しているときは僧侶がスクルトフバーハズッシードをかけてくれるので、回復と補助の行動のバランスが良く、パーティーの総合力が常に高められたまま戦うことができました。これには本当に助かりました。僧侶2人いれたときには、こんな連携なかったんだけどな(笑)。とにかく、ホイミスライムの有能さには舌を巻きます。もちろん、ホイミスライムによるベホマラーの回復量は僧侶に引けを取りません。

ファラオ夫婦ですが、最初にニビスを倒さないといけないことを忘れていて、ずっとヘルマに攻撃していました。初動で大失敗しており、野良でピラミッドへ行ったら周りの人たちから怒鳴られるレベルの失態なんですが、それでも全滅を覚悟する状況になったとかはなく、安定した戦いをつづけることができました。「最後の審判」や「一刀両断」を喰らいまくりましたが、死んでもすぐに復活させてくれるので安心でした。ただ、難点をひとつ言うならば、戦闘が長期化することでMPが枯渇することですね。割と頻繁に「まほうのせいすい」や「けんじゃのせいすい」でMPを回復してあげないといけません。特に、ホイミスライムは結構MPを浪費するので、常に目を配らせておいたほうがいいと思います。ホイミスライムは間違いなく、パーティーの生命線です。

霊廟9

f:id:dqxx:20151207195555j:plain

霊廟8が思いのほか安定してクリアできたので、この勢いを維持しつつ霊廟9に挑戦しました。霊廟9といえば霊廟8までのファラオが出てくる総集編みたいな霊廟ですが、ここも最後までクリアできました。ただ、ファラオ・ラーにファラオ・ルドラを呼ばれてしまってグダグダになったり、ファラオ・ニビスを倒すのに手間取ったりと、ちょっとだけ苦戦しました。

ファラオ・カーメン戦では、「スフィンクスの咆哮」と「振り下ろし」で何度かピンチになりました。タイミングを狂わされてしまって、一度だけ「ファラオの召還」を許してしまい、よりにもよってファラオ・ニビスが復活してしまったときには「マジかよ…」って思いましたが、冷静に対処。「ジゴスパーク」を喰らったときに痺れなかったりなど、運が良い局面も何度かありまして、おかげで撃破することができました。

もうひとつ運が良かったといえば、タゲ下がりができたことですね。僧侶だったかホイミスライムだったかをターゲットにしたカーメンに、ズッシードがかかった戦士(自分)が壁になることで、行動をかなり遅らせることができました。僧侶もホイミスライムも必死に逃げる逃げる(笑)。ターンエンドの「はげしいおたけび」はやむを得ないのですが、それを差し引いても、サポパーティーによくある「回復役が死んでグダグダ」な展開もなく、パーティーの強化も維持できたまま、最後まで戦い抜けたのは大きかったです。あ、もちろんMP回復を怠ってはいけませんけどね(今回は特に神経をつかいました…)。

バトマスが天下無双でカーメンのHPをどんどん削っていくし、「すてみ」が切れてもホイミスライムバイキルトをつかってカバーする。戦士の特技でカーメンの行動を中断したり、攻撃力を下げたりすることで、安全性が高いまま戦闘をつづけられる。カーメンの名前の色が変わってからは、「イケるんじゃねえか?」とこちらのボルテージも一気に上昇しました。ただ、「はげしいおたけび」や「スフィンクスの咆哮」「ジゴスパーク」など、行動が封じられる可能性がある特殊攻撃には、かなりハラハラさせられましたけどね(笑)。

まとめ

サポとホイミスライムで挑むピラミッドの霊廟7、8、9層、アリだと思います!

この安定感は、正直予想していませんでした。「聖なる祈り」による回復量の増加、きょうかスキルによる「バイキルト」の存在、僧侶との回復と補助の連携など、ホイミスライムの良いところが存分に発揮された戦いでした。そして、忘れたころにつかってくれる「いやしの雨」が、パーティーの生存率を高めるのに役立ってくれました。霊廟8、9あたりは、今思うといやしの雨にかなり助けられたんじゃないかな。

このブログの各層の画像を見ていただけると分かりますが、プレイ中カメラを呼び出して撮影した画像です。つまり、カメラを呼び出して撮影をしている余裕があるくらい、安定した戦いができたというわけです。フレさんたちと一緒に挑戦するときは、正直言ってフレさんの技量によってはまったく戦いが安定せず、あまつさえ介護が必要になることすらあります。僕はエンジョイ勢ですし、技量もそんなに高くないので、僕が介護される側になることだってあります。しかし、鍛え上げたホイミスライムと優秀なサポがいれば、少々技量に自信がなくても霊廟7、8、9をクリアできる可能性は十分にあるということです。

これも一種の緩和だと思いますが、こうやって攻略の可能性が高まっていくのも、また素晴らしいことだと思います。こういう緩和は大歓迎です。まだ霊廟7以上の層に抵抗を抱いている方は、まずホイミスライムを鍛えるところからはじめましょう。優秀なサポを集めるために、酒場フレンドを募ってみても良いでしょう。そして装備を整えて、ぜひ霊廟7以上に挑戦してみてください。

ガチ勢の攻略ブログも、ほんの少しだけ見直しました。「やればできるじゃん」といった感じですね。ソロでのピラミッド制覇に可能性を見いだせたということが、非常に嬉しく感じた今回の挑戦と検証でした。