ドラクエまあまあ日常

ドラゴンクエストシリーズのプレイ日記。主にドラクエ10とドラクエ11について記事を書いています。

この防具がほしい!バージョン3.2[前期]新防具編(2)

前回のつづきです。

dqxx.hatenablog.com

前回は「究明者セット」「風虎セット」「天宮騎士セット」の3種類を紹介させていただきましたが、今回は残りの2種類「神託セット」と「クロッシュセット」を紹介したいと思います。

これから防具を購入しようと思っている方は、参考になさってみてください。

dqxx.hatenablog.com

はじめに

前回と同様、それぞれ(A)と(B)の2種類のセットを考えてみました。

(A)はステータスアップや耐性などの錬金効果を最大限に考慮したもので、ハイレベルな装備品となっていますが、それだけ購入価格も高いです。(B)は必要最低限の錬金効果を考慮したもので、(A)に比べて性能は見劣りしますが、ストーリー等の通常プレイを進める分には十分だと思われるものを考えてみました。

耐性の組み合わせについては、賛否両論あると思いますし、はっきりとした正解はないものと考えていますが、特定のボスを想定した耐性ではないことをあらかじめご了承ください。ここで紹介した装備品をそのまま購入し、たとえばレグナードに負けただとか、邪神の神殿で死んだだとか言われても、僕は一切責任を取りませんのであしからず。ここで紹介されている内容をベースにして、皆さんで組み合わせを考えていただけるとありがたいです。

装備品の価格については、2016年1月13日午前1:00頃に旅人バザーにて確認した最安値です。しかし、「クロッシュセット」のみ、2016年1月15日午前1:00頃に旅人バザーで確認した最安値となっております。この記事を読むタイミングによっては、紹介されている金額よりも高い金額でバザーに出品されているかもしれませんが、安くなるか高くなるかは市場原理によって左右されますから、ここで紹介されている金額は、あくまでも参考程度に留めておいてください。

神託セット

f:id:dqxx:20160117011336p:plain

神託セット」は僧侶、魔法使い、賢者が装備できます。今回の「神託セット」は、主に魔法使いと賢者が装備することを想定して考えてみました。僧侶については「退魔セット」があまりにも優秀ですし、今でも「退魔セット」のままで運用している人も多いと思いますから。

(A)セットは、理論値の「はくあいの指輪」を持っていることを前提としています。こうすることで、封印ガードを+100%にすることができます。「ローブ上」には攻撃魔力を持ってきているので、即死ガードは「ぼうし」に付けてカバーします。

(A)セットが高いのは理解できますが、実は(B)セットもそこそこの金額なんですよね。(B)セットに関しては、本当に最低限のものを紹介、提案しているのですが、それでも250万ゴールドを超える価格となっています。やはり、魔法職の装備は需要が大きい、ということでしょうか。

なお、このセットについては、「HP+」の錬金効果を無視しています。「魔法職に『HP+』の錬金効果をつけるのはあまり好きではない」という個人的な好みから来ているものでして、もし「HP+」の錬金効果を付けたいのでしたら、皆さんでお調べいただければと思います。っていうか、今どきHP錬金で魔法職の最大HPをゴテゴテに増やすという時代でもないような気もします。最大HPがステータスだと思っていたら、それはもう時代遅れの考え方かもしれませんよおぉぉ。


クロッシュセット

f:id:dqxx:20160117012814p:plain

「クロッシュセット」はレンジャー、旅芸人、スーパースター、踊り子が装備できます。ところが、レンジャー以外の3職については「舞い手セット」という優秀な装備があるため、ここはレンジャー専用として割り切って考えてみました。セット効果の「必殺チャージ率+1%」というのも、「妖精たちのポルカ」と相性が良さそうですしね。

(A)セットの「ウェア上」については「回復魔力+」の錬金効果を付けていますが、これはあまり現実味がありません。価格もとんでもないことになっていますが、妥協を許さないのであれば、これくらい揃えたいなあ、ということで付けてみました。無難に「ブレス系ダメージ減」などでも良いでしょう。

「グローブ」については、「きようさ」の錬金効果にしました。レンジャーの特技にはきようさ依存のものもあるので、きようさが高ければ高いほど、レンジャーが力を発揮できるのではないかと考えました。

(A)セットも(B)セットもですが、全体的に高めの価格です。意外と需要があるのかもしれませんが、このセットを装備した冒険者に、なぜかまだ出会ったことがないんですよね……。サーバー1のグレン城下町には、試練売りを求めて旅芸人が多くいますが、ほとんどが舞い手セットで、クロッシュセットの人はまだ見たことがありません。ひょっとしたら、いるにはいるけど、まだ僕が出会ったことがないだけなのかもしれません。

まとめ

バージョン3.2[前期]で追加された新防具5種類について、僕個人の価値観や考え方を交えながら紹介させていただきました。ハイレベルな(A)セットと、必要最低限の(B)セットの2種類を、価格も含めて提案させていただきましたので、ご自身のプレイスタイルと所持金に合わせて、どちらかを基準にしながら装備を組み合わせていただければと思います。

これまでに、「騎神セット」「舞い手セット」「退魔セット」といった防具セットを購入している人は、新防具の購入について、あまり慌てなくても良いかもしれません。しかし、バトマスや武闘家、盗賊やどうぐ使いといった職業については、「無法者セット」や「マスターセット」に甘えてしまっており、ついつい後回しになっている人もいるかと思います。そういった人たちは、今回の新防具の購入について、前向きに検討してみる良い機会ではないでしょうか。

僕自身、全職業レベルが90になり、特訓モードについても、そろそろ全職業がカンストしそうという状況にも関わらず、「無法者セット」と「マスターセット」に甘えている職業があり、何とかしなきゃなあ…と思っていたころでした。ですので、今は新防具を買おうとお金を貯めているところです。

新しい装備品を買うと、気分もテンションもアップします。マンネリ感も一気に払拭されるのではないでしょうか。また、「今月はこの装備を買うぞ」と目標を持ってプレイすることも、素晴らしいことだと思います。「がんばった自分へのご褒美」として新防具を買うのも、現実世界と同じくモチベーション維持のための、一つの方法だと言えるのかもしれませんよおぉぉぉ。