読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドラクエ10 ドラクエまあまあ日常

ドラクエ10のプレイ日記。ライトでエンジョイ勢。ソロメインですが、まあまあなアストルティア人生を送っています。

ロイヤルチャームを手に入れるために、分散狩りに参加してきました!

2016年2月21日、第4期ドラゴンクエストX初心者大使の「さやぴー」こと内藤小也華さんが、3.2のストーリーボスに約10時間挑み続けましたが、残念ながら全敗しました。

僕も配信を見ていたのですが、あの攻撃は確かにえげつない。さやぴーがイライラするのも理解できます。僕ならすぐに投げ出してしまうかもしれませんが、それでも彼女は挑戦し続けました。あの根気とチャレンジ精神は、本当にすごいと思いました。

live.nicovideo.jp

live.nicovideo.jp

僕はまだ3.0をプレイ中なので全然実感が湧かないですが、動画を見ている分には「そりゃ提案広場も荒れるわなー」といった感じでした。ただ、僕はファミコン世代のおじさんですから、もっと理不尽なボスキャラなんてたくさん見てきましたし、あれくらい歯ごたえがあったほうがボスらしくて良いとは思うのですが、今の感覚から言えば、あれはまったく勝てないレベルだと思われてしまうのかもしれません。個人的には、最近はボスキャラとはいえ、スムーズに勝つことに慣れてしまっていて、プレイヤーはいつしか「全滅→対策→全滅→対策…」というトライアンドエラーを忘れているんじゃないか、なんて思うのですが。しかしながら、あの攻撃は確かにプレイヤーを絶望の淵へと叩きこむには十分な破壊力でしたから、あらかじめある程度の対策はしていったほうが良いように思いました。

というわけで、ボスの攻撃に合わせた耐性を得るのも立派な対策です。その意味でも、属性耐性のアクセサリーや装備等が重要になると思います。そこで、今回は3.2のボスを倒すために必要と思われる耐性アクセサリーの一つ、ロイヤルチャームの分散狩りに参加してきました。

ロイヤルチャームを落とすモンスター

ロイヤルチャームを落とすモンスターは3体います。

ここで狙うべきは、やはり転生モンスターである「シュバルツシュルト」でしょう。

f:id:dqxx:20160225013908j:plain

これは、シュバルツシュルトの転生元の「さまようよろい」です。ドラクエ3から登場している古参モンスターであり、またどうぐ使いで仲間にできるモンスターでもありますので、もはやお馴染みのモンスターですね。

「分散狩り」はどこで募集しているのか

サーバー01のグレン城下町で募集しています。以前はタッピツ仙人の分散狩りが盛んでしたが、今では需要の高まりから、「ロイヤルチャーム」や「ビーナスのなみだ」を目的とした分散狩りの募集を多く見かけるようになりました。

f:id:dqxx:20160225011611j:plain

こんな感じで募集しています。僕が参加したときには「きようさ」の数値は特に何も言われなかったのですが、募集主によっては基準を設けている人もいるかもしれません。特に何も条件がない場合でも、「きようさ」の値は高いことに越したことはありません。

「分散狩り」に参加しました!

というわけで、実際に分散狩りに参加してきました。転生モンスターが相手ですから「きせきの香水」は必須です。制限時間の条件は30分間が多いので、「きせきのプチ香水」を持って行くと良いと思います。募集主によっては、時間のことでグチグチ言われたくないことから、「きせきのプチプチ香水」を禁止する人もいます。「きせきのプチ香水」を持って行けば一番安全ですね。

職業構成

盗賊・盗賊・盗賊・旅芸人

旅芸人は回復や「たたかいのビート」での戦闘のサポートを行う感じです。盗賊の武器はツメでも大丈夫だと思いますが、シュバルツシュルトは眠るので、「スリープダガー」をつかえる短剣盗賊がいると、戦いが楽になります(仲間が合流するまでの時間、無駄に攻撃を喰らわなくても良いので)。

場所

謎の地下水路

「偽のメルサンディ村」から「こもれびの広場」へ向かい、そこにある井戸に入ると「謎の地下水路」があります。ストーリーで必ず訪れる場所なので、知っている方も多いでしょう。

ここの第2層で分散狩りをするのが一般的ですが、第2層では「さまようよろい」と一緒に「あやしいかげ」が出てきたり、隠れていて見えない「ヘルゴースト」(見るためには「オカルトメガネ」が必要)がいたりとスムーズにいかない場合があるので、第1層だけで分散狩りを行う募集主もいます。

個人的には、第2層で狩りをするほうが効率的だと感じました。

場所的にはこんな感じです。

f:id:dqxx:20160225011648j:plain

さまようよろい」のシンボルはかなりの数が湧いているので、戦闘効率も良いと思います。まもの使いがいない中での転生モンスター狙いでしたが、意外とスムーズに出現してくれました。

f:id:dqxx:20160225013938j:plain

こんな感じのモンスターです。なお、このモンスターを倒すと「漆黒騎士ハンター」という称号を得ることができます。前述のとおり眠り耐性がないので、スリープダガーをつかって眠らせておけば安心です。このときは、30分の分散狩りで、10個のロイヤルチャームを手に入れることができました。

f:id:dqxx:20160225011713j:plain

また、別日に参加した際には、合計5個のロイヤルチャームをゲット。正直、30分間でシュバルツシュルトと出会った数は少なかった(2回)のですが、一度に3つのドロップがあるなど、かなり恵まれた分散狩りでした。

f:id:dqxx:20160225011735j:plain

まとめ

割と手間と時間のかかる分散狩りですが、敵のシンボルの数が多く、「謎の地下水路」は分散狩りに適しているマップでもありますので、比較的楽に行うことができると思います。30分で、少なくとも4個は稼げると思います。まもの使いを加えた場合、シュバルツシュルトの出現率がどう変わってくるのかは分かりませんが、狙うのがレアドロップ枠のアクセサリーである以上、盗賊3~4人のほうが獲得確率は高まるかもしれませんね。

「ロイヤルチャーム」も「ビーナスのなみだ」も、その他のアクセサリー枠です。ここには「大地の大竜玉」という鉄板のレギュラーがいる以上、常時装備するアクセサリーというわけではないですが、必要なときには持っておきたいアクセサリーだと言えるでしょう。野球で例えるなら、「代打の切り札」「左殺し」「左のワンポイント」といった感じでしょうか。僕は、とりあえず氷ダメージを軽減させたいので、「氷ダメージ3.0%減」の理論値を目指して合成していきたいと思います。そのあと、「闇ダメージ3.0%減」の理論値をつくっていこうと考えています。

最近は、こういうアクセサリー目的の分散狩りを募集する人たちが増えてきました。一人でアクセサリーを集めることが大変だと感じている方は、他の方と協力してそろえていけると良いかもしれませんね。

このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。

この動画は株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する著作物を利用しております。また、動画に使用されている楽曲は有限会社スギヤマ工房が権利を所有する著作物です。当該動画の転載・配布は禁止いたします。

(C)2012-2015 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.