ドラクエまあまあ日常

ドラゴンクエストシリーズのプレイ日記。主にドラクエ10とドラクエ11について記事を書いています。

占い師のタロットデッキを編成してみました!

昨年7月の、3.3[後期]実装時に追加された新職業「占い師」ですが、今まで放置しつづけてきました。4つの武器にまたがるスキルポイントが美味しいので、レベルだけはカンストさせてきましたが、実戦では出番なしでした。

新しいコンテンツも既存の職業で攻略できるし、タロットカードの合成やデッキの編成も何だか面倒くさいし、そこまで突出した活躍の場も無いだろう、という感じで見ていた職業でした。邪神の宮殿の4獄については、正直他の上手い人に「寄生」する形で攻略していました。

ところが、スマホの便利ツールでタロットカードの合成やデッキの編成等の管理ができるようになったことから、年末年始は引きこもり&年明けから体調不良ということもあり、暇つぶしに合成や編成をやってみようと思い、いろいろ試していくうちに「ちょっと面白そうじゃない?」と思えるように。

そこで、デッキも4パターンまで編成できるので、それならまずは「攻撃」「回復」「補助弱体」と、それぞれに特化したデッキを編成しようと、便利ツールで合成やら編成やらを進めてみました。

攻撃型デッキ

f:id:dqxx:20170108192032j:plain

攻撃に特化した編成です。攻撃タロットが多めです。呪いの効果を付与できる「死神」は、スウィートバッグの効果を期待して繰り返し攻撃できる確率を高めています。

どのモンスターカードが来てもオーラが発動できる枚数をそろえていますが、タロットの効果についてはもう少し練り込んだほうが良いのかな、と思っています。両手剣戦士や、雷属性の武器を装備した職業がパーティにいることを前提にした「隠者」のカードですが、これは特に無くても良いかもしれません。

回復型デッキ

f:id:dqxx:20170108192620j:plain

回復に特化した編成です。「女教皇「太陽」「節制」といった、状態や数値を回復させる効果のあるカードが多めです。攻撃は「死神」「隠者」ですが、「隠者」は「戦車」とかに変えても良いかもしれません。

回復特化ですので、回復魔力を底上げする目的で「ちょうろうじゅ」を入れていますが、別のモンスターに変えても良いのかなーとも考えています。「審判」の聖女ラインに必要な回復魔力が483らしいので、回復特化であれば、この回復魔力には到達したいとも思ったのですが、私の場合残念ながらイシスのアンク(回復魔力理論値)込みでも473でした…。

アルカナ:審判(範囲ザオ)のHP聖女ラインの必要回復魔力を調査しました。

聖女ラインというのは、蘇生後聖女をかけてもらえれば、聖女発動できるHPのことです。
 ※HP偶数の場合はHP黄色で蘇生されますが、
   聖女がちゃんと発動すること確認済みの上で記載しています

結論から言います。
回復魔力=483 で聖女ラインに到達します。 
 ※482ではダメなこと確認済み

(占い師)審判(範囲ザオ)聖女ラインの必要回復魔力を調査しました - ニッチなDQ10攻略・考察

邪神4獄くらいしか出番がないかなーという編成です。

補助弱体型デッキ

f:id:dqxx:20170108193401j:plain

補助系弱体系に特化した編成です。「月」「星」「愚者」といったカードが入っているのが特徴です。攻撃は「死神」に頼る形ですが、スウィートバッグの効果で意外と繰り返し攻撃できたりします。

あまり出番はないのかなーと思いながらつくっていたデッキですが、試しに偽りのピラミッド霊廟7でつかってみたところ、効果覿面でした。ファラオヘッドたちに幻惑が入るので、かなり安全に戦うことができました。ひょっとしたら霊廟8のファラオヘルマ・ファラオニビスにも効果があるのでは……などと考えていますが、今はまだ試せず。しかし、意外とつかえるデッキだということが分かり、普段使いに重宝しそうな手ごたえを感じました。

まとめ

結局のところ、一番素晴らしいと思ったのは便利ツールの機能でした(笑)。プレイ中にデッキの編成やタロットカードの合成をやるのはあまりにも煩わしいし面倒くさかったんですが、スマホでお手軽にタロットカードの管理ができるようになったので、合成も編成もサクサクでき、面倒くさがりの私でもすぐにデッキを編成することができました。「タロットカードの管理が面倒くさいから」という理由で占い師を動かしたことがない人も少なからずいると思いますが、便利ツールで動かすことができるようになった今ですから、皆さんも挑戦してみてはいかがでしょうか。

ちなみに、私は占い師は動かさなくともタロットパックだけは集めておりましたので、預り所に「赤」「青」「緑」「紫」がそれぞれ50個以上、「銀」が20個近くあり、今回それらを総動員してタロットを合成・編成しました。その結果、

ここまで減りました。このあと、デビルパックやらスライムパックやらを取りに行ったついでに手に入ったものもあったので、タロットパックの数については増減がありますが、全種類の合計で300パックくらいのタロットパックを開封しているんじゃないかと思います。

ここまで時間をかけてつくったデッキたちですので、今後は何らかのコンテンツで占い師を活用できればいいな、と思っています。また、これらのタロットデッキを基礎にして、さらにバランスの良いデッキを構築していきたいと思っています。占い師、結構奥が深い職業なのかも?

参考ブログ

デッキを編成するにあたり、以下のブログの記事を参考にさせていただきました。ありがとうございました。

fuguai-online.com
dqxdb.net
blog.livedoor.jp