ドラクエ10 ドラクエまあまあ日常

ドラクエ10のプレイ日記。ライトでエンジョイ勢。ソロメインですが、まあまあなアストルティア人生を送っています。

邪神の宮殿「闇に堕ちた英雄の幻影」(3/10~)をクリアしました!

久々に邪神の宮殿ネタです。
3月10日からは、魔勇者アンルシアとトーマです。

f:id:dqxx:20170313012601j:plain

この2人は人間大の大きさなので、味方たちに紛れてしまい、なかなか上手く立ち回ることができません。相撲もし辛いですし、苦手な部類です。

二獄、三獄の条件も少々厄介ですが、すべての門を攻略してきました。

封剣の門・一獄

f:id:dqxx:20170313012624j:plain

普段どおり僧侶で参加し難なくクリア。職や特技の限定もないので、マッチングする職業のバランスが取れていれば、特に苦戦せず倒せると思います。

封剣の門・ニ獄

f:id:dqxx:20170313012844j:plain

職業と武器と特技の指定がありますが、火力と回復が保証される職業なので、それほど苦戦することなく倒せるだろうなー、とは思います。

私が参加したときには、圧倒的にレンジャーが多く、私自身もレンジャーで参加しましたが、武闘家とまもの使いも1~2人いて、割と戦いやすかったです。レボルスライサーやデュアルブレイカーのおかげで、与ダメージアップや状態異常付与も期待できます。デュアルブレイカー→あんこくのきりor百花繚乱or花ふぶき でトーマを幻惑状態にしておくと、安全性も高くなりますね。

封剣の門・三獄

f:id:dqxx:20170313013350j:plain

問題の三獄。今回は弓魔戦限定です。本当どうなることやら…と思いましたが、戦ってみたら案外あっさりと倒せて拍子抜け。マッチングで組んだ皆さんが上手かったおかげです。

MPに関しては心配する必要はありません。とにかく仲間が死んだときに、せかいじゅの葉を使えるか。HPが減ったときに、せかいじゅのしずくを使えるか。これだけだと思います。ちなみに私は、せかいじゅのしずくを3つくらい使いました。せかいじゅの葉は、どれくらい使ったか記憶にありません。

これは他の期間の三獄でもそうですが、パーティーメンバー全員が率先して「せかいじゅの葉」と「せかいじゅのしずく」を使う、という意識がないと攻略は難しいと思います。絶対に葉っぱもしずくも使わない、という立ち回りをしているプレーヤーをたまに見かけますが、それだと勝てる戦いも勝てなくなってしまいます。三獄のような過酷な条件の場合は、葉っぱとしずくを惜しまず使うことを心掛けましょう。

封剣の門・四獄

f:id:dqxx:20170313014434j:plain

いつもの占い師限定条件です。私は攻撃優先デッキで参加しましたが、太陽や世界などが入ったデッキだと喜ばれると思います。まとめて死ぬパターンが多いので、審判をいつでも呼び出せるようにしておくことも大事ですね。

魔勇者アンルシアの「創生の魔力」でMPを奪う効果のものがあります(赤色の魔法陣)。うっかりこの陣を踏んでしまうと、MPが無くなってしまい、タロットすら使えなくなってしまいますので、節制のタロットを入れておくことをオススメします。タロットも使用時にはMPを使いますので、MPが0になってしまったら、通常攻撃を行うしか方法はありません(道具使用禁止のため)。こうなると非常にカッコ悪いので、節制(モッツァレーラがベスト)のタロットを入れて、万が一に備えておきたいですね。

すみません、トーマに邪魔されて逃げ出せず、陣の効果でMPが0になったのは私です(笑)。スライムショットでAペチしてました。

まとめ

今回の邪神の宮殿は、比較的難易度が低かったと思います。珍しく、すべての門を一発クリアできましたから。一緒に組んだ人たちが上手かったこともあるのですが、条件も非常に戦いやすい条件だったので、イライラすることなく短時間で攻略できて楽しかったです。

ただ、このコンビはやっぱり苦手です…。邪神の宮殿に登場するコンビの中で、魔勇者とトーマが一番苦手ですね。

このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。

この動画は株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する著作物を利用しております。また、動画に使用されている楽曲は有限会社スギヤマ工房が権利を所有する著作物です。当該動画の転載・配布は禁止いたします。

(C)2012-2015 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.